*Welcome to OLYMPIC 2020 in TOKYO!


by chenta
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

1B1AB...

1B1ABと言うコールサインが良くspotされています。opのSoyerは各バンドの各モードでアクティブにQRVしています。私もここ数日で17m-SSBと20m-psk31でQSOしました。MGRはアメリカ人のN7ROです。

この1Bって何処?って思うのですがQRZ.comではNorthen Cyprosと出てきます。正式?には北キプロス・トルコ共和国と言う名前みたいです。

この国?は所謂キプロス(5B)と南北分断状態にある国です。アジアの何処かの国と同じく、元々は同じ国家を形成するのですが、北部にトルコ系住民、そして南部にはギリシャ系住民が暮らしています。
トルコの応援で分離独立を進めたのがこの1B、北キプロスと言うみたいです。
ここを国家として認めているのはトルコのみなのですが、今ここでは南北を統合しようとする動きがありました。
所が元々統合に賛成派の現大統領が統合に慎重派の候補に選挙で負けてしまう事態になっていて簡単に統合とはいかない様子です。
しかし、世界的に国家として認められていない所で民主的な選挙が機能しているのも何となく驚きです。中には世界的に国家として認められていても不正が当たり前でなかなか進展しない国が沢山あるのに。。。

DXCC的には今は何処にもクレジットされない?のだと思う1B1ABですが、こういう国家の行く末がHAMにも影響していると言う方向から見るのもまた楽しいかも知れませんね。

JARLの選挙も終わってDX'erが大勢?当選しました。選挙公約には本当に出来るの?と何処かの国の選挙公約にも似た素晴らしい?公約が載っていますが。。。
包括免許にしても、実際に実施されたら困る局も少なからず居るでしょうし。。。QSLの毎月転送にしても、結局は実費が増えることにならなければ良いのですが。。。
当選したDX'erの方々(多分?アンチ現会長派)の力がまず試されるのは新会長の選出です。ここで交代が出来なかったとすると。。。何処かの国と同じで公約は立派だけどねぇ。。。となります。
民主的な選挙。。。国家として認められていない国で機能してたかが数万人のJARLで機能しないなんて事はないですよね?
[PR]
by chenta | 2010-04-20 08:54 | アマチュア無線