人気ブログランキング |

*Welcome to OLYMPIC 2020 in TOKYO!


by chenta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

CQWW最終日。。。

昨日の段階では結局フルに運用する事が出来ずに局数も昨年のJA1位の局は抜いたものの、昨年とは明らかに違うCondxの良さで局数は伸び悩んでいました。
今朝は少しでも上乗せ出来ればと5時半に起床するが21MHzはまだオープンしていない。
6時近くになってから北米より先に南米やオセアニアが強い局だけ聞こえ始めた。呼んでもしっかりとコールバックがありました。
クラスターで21MHzだけを見ながらの運用ですが6時半頃にはWから7エリアのクラブ局がspotされますがここで聞こえる北米はQSO済みのビッグガンのみ。。。
それから10分くらいしてからここでもWの西海岸がよわ~く聞こえ始めたのでいよいよ最後のCQコンテストをランニング開始。
早い時間に先日KP2から運用した友人のNY6Xも呼んできてくれた。100Wに移動用のYP-3というANTらしいがとても良く聞こえていた。
コンテスト後にNY6Xに聞こえているJAではダントツに強かったと聞いてとても嬉しかった。成績は時間の制約もあって入賞は難しいが、NY6Xからのその一言で全てがOKって感じです。

最終的には終了時間までに100局以上をログイン出来ましたが、やはり初日のヨーロッパが殆ど出来なかった事。2日目の朝も8時までしか運用が出来なかった、ヨーロッパも17時を過ぎてからの運用になった事と全体的にやはり運用時間が少なすぎでした。
それでも何とか400QSOを超えた事で来年以降の楽しみになりました。
最終日の今朝もカリブからも呼ばれたりと思っていた以上にこんな設備でも飛んでくれた事も分かりました。(何せ久しぶりの21MHzでのコンテストでしたので。。。)

それと北米やヨーロッパでも6mでQSOした事がある局がわざわざ名前を呼びながら呼んでくれた事も凄く嬉しかったです。
初日にQSO済みの局からまたクラスターにspotされたり、呼ばれていない時間に”Nice Signal!”と声を掛けてくれた局もあり、とても心強かったです。

クラスターを見ながらの運用ではライバルになるであろうと思われる(勝手に思っている。。。)局の動向も何となく把握できるので良い刺激になりました。
3エリアの方は初日だけで500QSOを超えていたとか。。。昨年のチャンピオンも最終的に600QSOを超えているらしいので全然足元にも及ばなかったが、フル参戦出来ない今年はやっぱりやっぱり我慢我慢です。。。(汗)

コンテストに参加された皆さん、お疲れさまでした。。。
by chenta | 2008-10-27 13:00 | アマチュア無線